イメージ1

投資の先物取引とは?

「先物取引」という言葉は聞いたことがあっても、実際にはどのような投資方法なのかはよくわからないという人も多くいらっしゃいます。

近年、インターネットで手軽に株式投資やFXができるようになったことで、個人投資家が爆発的に増えました。さらに、スマートフォンの普及も相まって、アプリを使った売買の手軽さから株式投資やFXなどは半ばゲーム感覚で行っている人も多く見られます。

しかしながら、先物取引となると手軽に売買できるイメージはなく、いわゆる大口顧客やファンド向けの商品といった印象を持たれている人も少なくありません。また、先物取引については詳しく知らなくても「先物取引は非常にハイリスク」と思い込んでいる人も多いのではないでしょうか。

しかし、「投資」と呼ばれるすべてのものには必ずリスクが伴います。そのため、最終的には自身のリスク管理が非常に重要となってくるのです。

先物取引に限らず、株式投資やFX、不動産投資などを始めるときは今後生活していく上で無くなっても全く困らない余剰資金で行うことが好ましいとされています。そして投資を始める前にはしっかりと投資内容を理解し、万が一急激な価格変動が起こっても冷静に対処することができるように、日頃から情報収集を行い、リスク管理をすることが大事なのです。

当サイトでは先物取引についての特徴やリスク、種類について具体的にわかりやすくご説明させていただきます。

投資の先物取引とは?

サンプル
先物取引の4つの特徴

先物取引には大きく4つの特徴があります。 1つ目は、取引に期限があるということです。例えば、株式取引であれば買った株は値上がりしたときなど自分が売りたいと思うタイミングで決済することができます。つまり保有に期限がありませんが、先物取引には取引期限が予め設けられているため期限がくる前に決済しなければ自動的に決済されます。その取引期限・・・

サンプル
先物取引のリスク

「投資」には必ずリスクが伴います。先物取引にも他の投資にはない先物取引特有のリスクがありますので事前にリスクに関して十分に理科しておくことが非常に重要です。 それでは、先物投資にはどのようなリスクがあるのでしょうか。先物取引は現時点で売買する現物取引と違い、将来の一定期間で決済をする取引のため予想と反して価格が変動した際には・・・

サンプル
先物取引の種類

先物取引には大きく分けて4つの種類があります。一般的によく聞くのが「商品先物取引」ですが、これは金や銀、白金といった貴金属類または非金属や原油、ガソリン、灯油などの資源、そして小豆やとうもろこし、糖類などの農産物など私たちの生活に密着した商品が対象となっているため先物取引の中でも身近に感じるのではないでしょうか。 次に「株価指数先物取引」・・・